ファミコン版【忍者くん 魔城の冒険@ジャレコ】を楽しむ その2

忍者くん 魔城の冒険

前回に引き続きその2。なんとか忍者くんを先に進めようと頑張ったが、このゲームは難い…

なんかちょっとでも適当にやろうとすると簡単にやられる。まるで忍者のように抜き足差し足で慎重に行動しないと駄目。って忍者なんだけどね…

それになんというか、忍者くんのスペックが悪い。特に手裏剣の腕が冴えない。下手をすると一番弱い「黒子」よりも連射スピードが無いのだ。それに「黒子」は忍者くんがお得意の空中体当たりを仕掛けてくる。さらに敵は数が多い。何故にこんなに弱い忍者くん一人で闘わなくてはならないのか…

そんなこんなで、完全に忍者くん駄目出し大会になってしまったが、それだけ敵の動きが鋭く賢い。「黒子」は下から仕掛けてくることが多い気がするので、下に下に回り背後目掛けてジャンプ手裏剣でやっつける。2面、3面のボス「だるま」は忍者くん自動追尾モードになって、下に降りてくるところをこれも背後からさくっと倒す。前から倒そうとするとカマにやられる。4面から6面は、ボス「カブキ」の爆弾に注意しながら、「だるま」を下から背後目掛けて手裏剣。ようするに背後から気づかれず忍者のように近づくのがコツとみた。って忍者なんだけど…

ボーナスステージクリア。時間がギリギリなので無駄足するとクリアできない。

なんとか頑張って10面。

7面以降は平気な顔して「火の玉」が現れる。只でさえ安全な場所が少ないのでかなり邪魔くさい。

ようやく「ヨロイ」と初対面。

「ヨロイ」は気絶させないと手裏剣がきかない。真正面からだと即刻抹殺される…

ついつい遊んでしまうが、なかなかうまくならず…


レトロゲーム販売 通販ショップの駿河屋

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください