ファミコン版【火の鳥 鳳凰編 我王の冒険@コナミ】を楽しむ その1

火の鳥 鳳凰編 我王の冒険

32/1252本目は1Mビットアクションゲーム「火の鳥」。

メーカーはコナミ発売は1987年1月。

アニメ映画「火の鳥 鳳凰編」をゲーム化したもの。パッケージや説明書には「茜丸」や「ブチ」が描かれているがゲームには全く登場しない…

こちらはアニメ映画のDVD。見なくてもゲームは楽しめるが、見たら見たらそれなりにゲームも盛り上がる。

ゲームでは「鬼瓦」がとても重要。よくこのシステム考えたなと思う。用途は主に足場を作ること。ちなみに鬼瓦を置くには下+Bボタンなのだが、攻撃のノミもBボタンで発射するため、しゃがんで攻撃することができない。そしてこのボスも「鬼瓦」らしい…

ゲームの目的は16枚のパネルを手に入れること。「大和」のステージ2は普通に置いてある。

このように火の鳥の彫刻(らしい)が少しずつ出来上がっていく。この時の音楽が火の鳥ぽくて素敵。

多彩なボス軍団。映画とは関係ないゲームのオリジナル。

4×4=16枚のパネルが必要。だんだんと火の鳥が…

何故か「モアイ」が飛んでくる。さすがコナミ。

「隕石」がガンガン降ってくる…

今日はここまで。


レトロゲーム販売 通販ショップの駿河屋

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください