ファミコン版【悪魔城ドラキュラ@コナミ】を楽しむ その2

悪魔城ドラキュラ

前回に引き続きその2。ディスクシステムを代表するゲームと言えばやっぱりドラキュラ。例の「やられたサウンド」を何度聴いてもチャレンジしてしまうゲーム。

上の冠みたいのは、右端の壁を壊すと出現する隠しアイテム。「2000点」獲得。嬉しいのかどうかは謎…

あそこに肉が出る。この場所に来てしまうともう取れないのだが大体いつも忘れている…

聖水を連打して「メディウサ」を燃やしまくるシモン。

「骨柱」はやたら堅い。クロスがあれば楽勝だが丸腰だと鬼きつい…

「ミイラ男」の対決前に肉がゲットできる。こんなサービスはなかなかない。

クロスが連射出来ると楽勝。

いきなり落とされる。がこれは死なない…

とんでもないお土産を運んでくる「大ワシ」。地上で動き回る前に始末しないと発狂モードに突入してしまう…

「ホワイトドラゴン」。こいつもやたら堅い。丸腰の場合はダメージ覚悟で通り過ぎた方がよいのか?

「フランケンシュタイン」。肩に厄介なモノを…

地上と空中から攻めてくる…

数度チャレンジするも力尽きる。ゲームオーバー時の音楽が聞こえてくるようだ…


レトロゲーム販売 通販ショップの駿河屋

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください