PC-9801ソフトを【PC-9801DA@NEC】で楽しむ その2

PC-9801DA

PC-9801DAの5インチFDD搭載モデル。PC-9801DA2。1991年登場

フロッピーが5インチではあるが基本的にPC-9801DA/U2と同じ。二台手に入れるにしても、違う機種にした方が色々使用の幅も広がるけど、下記理由によりFDD違いの9801DAを手に入れた。

  • 違う機種をそれぞれいじるのも大変。
  • もしもの時、部品が流用しやすい。
  • 出物が多く比較的安価。
  • i386DX-20MhzというCPUはDOSゲームを遊ぶのに十分。
  • ジョイスティックは直接接続できないが、音源チップが搭載されている。

別途購入したキーボードがようやく到着。サンワサプライのPC-98用キーボード。

時を同じくして到着したのがこちら。PS/2キーボードをPC-98×1へ変換するアダプタ。ちなみにPS/2キーボードもサンワサプライ製を購入。理由は新品で安かったから。無いときは何もなかったキーボードがいきなり2組に。まあPC-98も2台あるからいいか…

クラシックPC研究会作成。レトロゲーム愛好家としては歓迎すべきアイテム。PC-9801はまだ専用キーボードが手に入りやすいが、PC-8801などはレアさが倍増。さらに有り難いアイテムになるだろう。

キーの対応表がついている。PC-98独自のキーが押下可能

Cバスに接続したSCSIボーBUFFALO IFC-NN。BIOSが Ver 1.10以降になっているので、8GB超のHDDをサポートしている。容量の小さいHDDが手に入りにくい現代では貴重だ。

とはいえ、接続するのはI/OデータのHDVS-U4.3GSCSIケーブルやアクティブターミネータは、サンワサプライ製。これらも新品で手に入る。レトロPCに優しいサンワサプライに感謝

インストールするのはこれ。MS-DOS 6.2。PC-9801ラストDOSの5インチ版。

なんせHDDのフォーマットに時間がかかる…

その後は8枚のディスクをガチャガチャ交換しながらDOSをインストール。この感覚が懐かしい。

HDDから正常に起動出来た。

Shellを終了すれば、お馴染みのコマンドプロンプトが出てくる。今回はここまで。


レトロゲーム販売 通販ショップの駿河屋

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください