ファミコン版【ポートピア連続殺人事件@エニックス】を楽しむ その1

ポートピア連続殺人事件

28/1252本目は本格サスペンスアドベンチャーゲーム「ポートピア連続殺人事件」。

メーカーはエニックス発売は1985年11月。いわゆる堀井ミステリー三部作の第一作目。

ファミコンではポートピアと「オホーツクに消ゆ」が発売された。オホーツクはMSXでやったのが最初だったけどポートピアはファミコンで始めてプレイした。と言っても友達が購入し、ストリームマンはその友達の家に入り浸り。みんなでアドベンチャーゲームをやるのって今ではあまりないだろうけど、新事実が発覚したときの興奮はなかなかのものだった。

パッケージ裏側。思わせぶりな表側とは異なってゲームのグラフィックが使われている。今でも「ふみえ」と言えばポートピアを連想する。まあ「ヤス」もだけど…

事件現場。ここから「地下迷宮」に行ける。

いくら金持ちの家だからってこれだけの地下迷宮があるとは。「絶対隣の家の地下まで広がってるだろ」と突っ込まずにはいられない…

有名なシーン。「*15(こめいちご)」と言えば、ポートピア。

さすが昭和というか、まさかの「ボカ! ガス!」で吐かせる場面。ポートピアは関係者を呼ぶ「よべ」コマンドがあるため、「捜査本部」で得られる情報が多い。また捜査本部で入手するたれこみでゲームが進む。事件現場よりも「捜査本部」の方が大事なのだ。

衝撃的なシーン。事件を終わらせようとする、ヤス。またここの地名は、真っ先にこのシーンを連想させるものとなった…

連続殺人事件となった瞬間。こちらでも事件を終わらせようとする、ヤス

確信にふれるシーン。サスペンスドラマでは「」と決まっているが、ファミコン版ポートピアでは「地下迷宮のある一室」とやっぱり「捜査本部」…

ゲームクリア画面。犯人はもちろんあまりに有名すぎるあの人…


レトロゲーム販売 通販ショップの駿河屋

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください