SEGA SC-3000/SG-1000ソフトを【SJ-300M@セガ】で楽しむ その1

SJ-300M

セガのジョイスティック。SJ-300M。SC/SGシリーズ、マークⅢ、マスターシステムで使用可能。

オリジナルの箱。

SJ-300MはATARI仕様のジョイスティックとしても使用可能。MSXや各種旧型のパソコンなどに流用出来るので重宝するはず…

しかし、残念ながら手に入れた物はうまく動作せず。特に左レバーは全くきかず、シューティングゲームを恐ろしい難度に向上させた。

不器用ながらも中を見てみた。4つのネジは通常のプラス。開けて見るとこんな感じ。

プレスチックのレバーにはバネが装着されていた。

緑色(青か?)のボタンは、ぽこんと置いてあるだけ。どかすとグレーのゴムボタンが出てくる。十字キーも4つの黒ボタンで構成されている。

黒い蓋と6つのボタンを外すとこんな感じ。基盤には「HORI」の刻印が。HORIと言えば、あの「ホリコマンダー」など、ゲームコントローラーがお得意なあのメーカーだろう。きっと…

基盤に損傷は見られなかった。実際は知らんけど…

裏はこんな感じ。問題なし。結局よくわからんので中身を清掃して蓋をしめる。すると以前より動くようになった。左レバーもきくように。ただし、今度は右レバーが右下にきくようになってしまった。これもまたシューティングゲームの難度を向上させた。もう知らんがな…

懲りずに再トライ。というか数回トライした。この状態で方向ボタンを押した限りは問題なし。蓋を閉めてレバー経由になると右ボタンが下ボタンに干渉してしまうという結論に。知らんけど…

右ボタンが下ボタンに干渉してしまうならと、ボタンを裏返しにして、さらに黒いプラスチックの上にそのまま置いて見ることにした。超苦肉の策である。本来は緑の基盤と黒いプラスチックに黒ボタンが挟まれている。すると流石に頑固なSJ-300Mも同情したのか、スムーズに動くようになった。

たぶん、きっと……

実際使用してみると、それほど使いやすくない。黒いレバーが長すぎる気がする…


レトロゲーム販売 通販ショップの駿河屋

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください