SEGA SC-3000/SG-1000ソフトを【SC-3000H@セガ】で楽しむ その1

SC-3000H

セガのパーソナルコンピュータ。SC-3000H(ホワイト)。1983年発売

ついに?とうとう?ようやく?セガにたどり着きました。しかもSC-3000H。古くマイナーなところから攻めて参ります。セガもメガドライブくらいまでくれば知名度も高いけど、SC-3000なんてどのくらい知られているのか…

見ての通り「パーソナルコンピュータ」とある。キーボード一体型なのでディスプレイの前に置いておけばちょっと変わった古いキーボードくらいにしか見えない。「SEGA」の「COMPUTER」だから「SC」、価格が30,000円くらいで、少し長いから一桁削って「3000」になったという…

SC-3000シリーズにはキーボードがゴムの「SC-3000」が元々存在するが、今回手に入れたのはキーボードがプラスチックに変更されたSC-3000Hのホワイトバージョン。ホワイトと言っても元がどんな白だったかは不明。そのくらい時が経っている。またキーボードの隙間の掃除をしている時、あまりの面倒に「ゴム」の方が良かったかもと思ったのは内緒だ…

取扱説明書。とても薄くてパソコンの説明書とは思えない。当時は他に何か付属していたのかもしれないが不明。そもそもカートリッジを差さないとBASICすら起動しないのでこんなものなのかも。

専用カセットデータレコーダー接続用の「CASSETTE」端子。旧型パソコンらしいインタフェースだ。

ジョイスティック端子が左側面に2つ。MSXに近い趣。

PRINTER」端子と「VIDEO」端子。ちなみに「SEGA」の「GAME」で価格が1万円台の「SG-1000」というゲーム機も存在し、その後発売された「SG-1000II」を当時ストリームマンは所有していた。

そもそもゲームをやるだけなら想い出のSG-1000IIを使用したい気もしたが、残念ながらSG-1000/SG-1000IIには「VIDEO」端子が存在しない。現在実機で楽しむならSC-3000シリーズがお手軽となる。

と言ってもそれほどお手軽ではない。このVIDEO端子と接続するケーブルが一般的には存在しない。と思う…しかも当時別売りされていた「SD-80」は入手困難

今回使用したのは「MASTER SYSTEM」用のケーブル。端子が互換なので問題ない。

実はもっとお手軽なのは、そもそも「SEGA MARKIII」や「MASTER SYSTEM」を使うこと。恥ずかしながら後年まで知らなかったことなのだが、この2機種はSC-3000/SG-1000ソフトが起動できる。ストリームマンは当時MARKIIIを所有していたが、もはやSC-3000/SG-1000ソフトを動かすことに興味がなかったのかもしれない。新しい物が正義だと思っていた頃のお話である。

それはさておき、今回わざわざSC-3000Hを入手した理由は、ゲーム本来の色で楽しみたかった為である。互換性はあっても、ハードの違いからゲームの色が変わってしまうのである。「こんな色だったっけ-?」と思うのは御免だ。

こんな感じで当時の色のまま楽しめた。テレビが2003年製なので20年の開きはあるが…

そこからさらに15年の年月が過ぎてるけどね…


レトロゲーム販売 通販ショップの駿河屋

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください