レトロゲームを【KV-21DA75@ソニー】で楽しむ その1

KV-21DA75

レトロゲームを楽しむ為の環境シリーズ。今回はソニーのトリニトロンカラーテレビKV-21DA752003年製。

トリニトロンと言えばダイヤモンドトロンと並んで良いブラウン管の象徴でした。やっぱり平面ですよ奥さん。普通のブラウン管を見ると分かるでしょ?というやり取りが、当時の電気屋であったかどうかは置いておいて…

薄型液晶全盛の時代に奥行き47.9cm、「重さ約26.5kg」の旧型テレビを買うという暴挙。まあレトロゲームなわけですから、当時を感じながら味わうのも良いのじゃないかと、そういうわけです。はい…

例えばダックハントのキャプチャ

前面にあるS端子とコンポジットのビデオ入力。

操作系はテレビ上にある。内部の半田が干渉しているのか、ボタンを押すと隣の機能が反応してしまう時がある。

リモコンがあるので本来なら問題も解決するのだが、リモコンも反応が鈍く調子悪い…

そんな経年のマイナス面を払拭する入出力の数々。特に「AVマルチ入力」はプレステ2が残した貴重な財産。

元々はプレステ2専用のようだが、達人達が作成した素晴らしいケーブルが存在する。その一つが上記画像のケーブル。これで古いPCや各ゲーム機用のRGB21ピンケーブルが直接接続出来る。極めて貴重な存在だ。


レトロゲーム販売 通販ショップの駿河屋

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください